歯周病

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくおねがいします。

2021年の4月から勤務している歯科医師の高畑と申します。

今回は院長先生からブログを引き継ぎ、書かせていただきます。

 

1月は歯周病に関するセミナーで

"歯周病の治療が手遅れになってしまう原因"について勉強しました。

 

その手遅れになってしまう原因の一つには歯周病が

"自覚することができない病気"

だからだといいます。

 

例えば、歯周病によって歯を支える骨が溶けてしまうことがあります。

 

「骨が溶けると聞くと痛そうだな。」と感じる人が大半です。

 

しかし、そのイメージに反して骨が溶ける時に"痛みを感じる"ことはありません。

 

"気づかないまま骨が溶ける"

"痛みが出た頃には歯はグラグラ"

"もう歯を抜くことしかできない"

 

つまり"気づかないまま手遅れ状態"になってしまうというのです。

手遅れにならないために、歯周病が悪くならないために

 

"日頃から予防する"という考え方が大事なんですね。

 歯周病は日本人の約80%がかかっているといわれている病気。原因となるのは主に歯垢(細菌)です。

 

令和四年。年明けに合わせてみなさんも心機一転歯磨きを徹底し、"歯周病予防"について一度考えてみてはいかがでしょうか。

(写真はセミナーに関する冊子です)